賃貸物件のデメリット

間取りや内装の自由度が低い!

賃貸物件は、既に建てられたマンションや一軒家を借りて住むことになります。そのため、自分が好きなような間取りや内装にすることはできません。住んだ後も自分の持ち家ではなく、大家さんに借りている物件になるので、勝手にリフォームすることも基本的には禁止されています。間取りや設備、内装にこだわりがある人は、数ある物件の中からそれに近い物件を選ぶ必要があるのです。場合によっては、自分の条件にぴったり合う物件が見つからないこともあるでしょう。注文住宅なら、一から自分の好みに設計することができるので、それと比べると賃貸物件はどうしても自由度が低くなってしまいます。求める条件が多い人は、なかなか自分に合う賃貸物件が見つからない可能性も考えられます。

費用面にもデメリットがある!

大金を用意しなくても、気軽に住まいを確保できるのが賃貸物件のメリットです。しかし、賃貸物件を借りている間はずっと家賃を支払い続けなければなりません。1回1回の額は少額でも、一生賃貸物件に住むことを考えるとトータルではかなりの額になってしまいます。しかも、どんなに家賃を払い続けても、自分の資産にはなりません。逆に家を購入するのであれば、購入した建物や土地は自分の資産になります。これが、家を購入するのと比べた場合の、賃貸物件のデメリットです。若いうちはよいですが、高齢になって仕事を辞めると収入が減りますし、同じ家賃の賃貸物件に住み続けることができるとは限りません。また、保証人を用意するのが難しくもなってくるので、注意が必要です。