マンションの特徴

構造によってアパートと区別される

マンションと聞くと、いくつもの部屋が階層的に積み重なっている建物を想像する方が多いのではないでしょうか。多階層の住宅は一般的に共同住宅と呼ばれますが、マンションだけではなくアパートやハイツなどもいくつかの階層がありますよね。曖昧ではありますが、マンションとアパートなどにはそれぞれ基準があり、区別されています。 アパートと呼ばれる共同住宅は、主に2階~3階の共同住宅です。一方、マンションと呼ばれる場合は4階建て以上の構造になっています。使われている建築材などによって区別されることもありますが、「4階建て以上の共同住宅」という点がマンションの特徴の一つだといえます。ただし、マンションとアパートなどの区別には明確な基準が定められているわけではないので、呼称にこだわる必要はありません。

マンションは部屋数が多い

マンションの特徴として挙げられるのが、部屋数が非常に多いということです。これは共同住宅の特徴でもありますが、マンションは4階建て以上の建物が多く、アパートなどに比べても部屋数が多いといえます。部屋数が多いと当然ながら収容できる世帯数も増えるので、賃貸物件を探す際には不動産屋が空き部屋を埋めようとマンションを優先して紹介することがあります。部屋数が多いことのメリットはさまざまですが、隣人関係が出来ることはメリットの一つでしょう。人付き合いが苦手な方にとってはデメリットになるかもしれませんが、多くの人と交流する機会も生まれるので、マンションに住む上ではこのメリットを利用して人脈を広げるのも良いのではないでしょうか。