シェアハウスの特徴

賃貸のシェアハウスはどんなところでしょうか

シェアハウスという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。賃貸のシェアハウスとは、ひとつの住宅を複数人でシェアして暮らす賃貸物件です。日本での賃貸のシェアハウス利用者は、20代や30代の若い世代が多いようです。一戸建てタイプやマンションタイプなどがあります。
キッチン設備や洗濯設備などが備え付けられているシェアハウスが多いので身軽に引っ越しができる点や、契約時に敷金だけで礼金が必要ないところが多く初期費用が抑えられる点などがメリットです。また、複数人が暮らしているのでひとりがさみしい方にも向いている賃貸物件でしょう。リビングや風呂場などが一人暮らし用の一般的な賃貸に比べて広々とした空間となっている点にも注目したいですね。

賃貸のシェアハウスを選ぶ際の注意点

シェアハウスで賃貸契約する場合は、いくつか注意点があります。
住民で共有する部分や個人部屋の広さや管理状態や、風呂場やキッチンを使用する際のルールなどがあるか事前にチェックしましょう。個人部屋に鍵が付いているか、収納はどのくらいの広さがあるかなども注意してみておきたいポイントです。また、後でトラブルにならないように、契約する前に初期費用が明確になっているか、途中解約ができる契約内容となっているか、さらには建築基準法に引っかかる物件ではないかも注意しましょう。
シェアハウスによって住人の平均年齢や男女比率が違ったり、外国人が多かったりとそのシェアハウスの特徴も異なりますから、自分に合っているシェアハウスかどうかも確認するといいですね。